種類が豊富!自分に合った医療レーザーはどんなもの?

ライトシェア・デュエットとは?

ライトシェア・デュエットとは、米国で開発された医療用レーザー脱毛器具のことです。800nmという長い波長のレーザーをメラニン色素にのみ照射をすることで脱毛効果を得ます。ハンドピースと呼ばれる照射口が大きいため、短時間の施術で済む事と、皮膚の深くまで光が届くので高い脱毛効果が期待できます。さらに痛みを最小限になるよう開発されているので、痛みに弱い人や皮膚感覚が敏感な人に選ばれている方法です。デメリットとしてはハンドピースのサイズよりも面積が小さい部位、例えば顔の産毛やVIOラインへの使用が出来ません。なお、費用は部位や回数などによって異なりますが、平均的に5回で40万円前後といわれています。

キュリアのメリット・デメリット

キュリアは、脱毛効果だけでなく美肌効果も期待できる方法になります。ロングパルスレーザーなので、皮膚の置くまで届き毛根にもアプローチします。この長い波長が真皮層まで届くことによって、コラーゲンの活性化や繊維芽細胞が生成されやすくなるので、くすみやしみ・しわ・にきび跡といったお肌の悩みを改善することが可能です。またこの装置には冷却装置が搭載されているので、施術中に起こる痛みを防ぎ、火傷や色素沈着といったリスクを回避することができます。なお、この方法はメラニン色素に反応することで脱毛を行うので、色素沈着を起こした部分や日焼けを下肌には適用できません。デメリットとしては、脱毛効果をあまり感じられない、やけどをしてしまうといったケースがあります。

医療レーザー脱毛に取り組むにあたり、ムダ毛の量が多い部分を重点的にケアすることはもちろん、肌への負担が掛からないようにする必要があります。