わきがで感じる悩みと気軽にできる臭いの解消法

周りに臭いで迷惑をかけてしまう

わきがになると、様々な悩みを感じることになります。まず、わきがはきつい臭いを放つようになるため、周りの目が気になるようになってきます。職場や学校で、臭いにより周りの人たちに迷惑をかけてしまうでしょう。しかも、わきがは本人が認識できない特徴があるので、知らず知らずのうちに迷惑をかけることになるのです。また、わきがになると、デオドラント用品を使用してもあまり効果が出にくい場合があります。軽度のわきがだと、デオドラントを使用することで、臭いを抑えることが可能です。ただ、重度のわきがになると、デオドラント用品だけでは臭いを抑えることが難しくなってきます。状況によっては、臭いに関する深い悩みを感じてしまうでしょう。

注射で悩みを解消できる

わきがは、臭いにより悩みを感じやすくなってきますが、状態によっては外科的な治療を受ける必要も出てきます。あまりにもその臭いが強い場合には、社会生活を送ることが困難になってしまうため、適切な処置を行う必要があるのです。外科的な処置として、汗腺を切り取ってしまう方法も存在しており、臭いを根本的に解決しやすくなってきます。汗腺を取り除けば、臭いの原因自体がなくなってくるので、わきがの状態を解消しやすくなってきます。ただ、メスを入れる方法だと不安を感じやすくなるでしょう。治療として注射を打つことで、汗腺の働きを弱めることができ、臭いを軽減していくことができます。わきがの臭いの悩みを解消したい時には、注射を受けてみるとよいです。

腋にはエクリン腺とアポクリン腺が存在します。エクリン腺から出る汗は99%が水分ですが、アポクリン腺の汗は脂質やアンモニアが含まれていて、これを皮膚の常在菌が分解することでわきがのにおいになります。