脱毛すると脇のにおいやフェロモンってどうなるの?

フェロモンが減るの?

どれだけ剃っても生え続ける脇毛って、本当に困りますよね。毛抜きを使えば手入れする頻度も多少は減りますが、埋没毛や毛嚢炎になるリスクはどうしてもつきまといますし、脇が汚く黒ずんでしまうのは避けたいものです。肌がつるつるになって、リスクも少ない光脱毛をする方法が安全なのでおすすめです。でも、脇に熱エネルギーを持った光を当てることで、フェロモンの分泌もなくなってしまう…という噂があります。

フェロモンが減るのはデマ!

脱毛に使う光は、メラニン色素にしか反応しません。だから肌へのダメージも少ないんですし、フェロモンを出すアポクリン腺が損傷することがないんですよ。脱毛をすることで自分の異性に訴えかける魅力がなくなってしまうわけではないので、心配は無用です。そもそも、人間は言葉を駆使して自身の愛情や気持ちを伝えることができますし、視覚的に異性にアピールすることができるようになったので、フェロモンは本来の役目を終えて退化しています。だから、フェロモンの分泌量はあまり恋愛や婚活には関係ないんですね。

脱毛と臭い、汗の関係は?

フェロモンが減るという噂のほかに多いのが、脱毛をするとわきがが強まったり、汗の量が増えてしまうというものです。汗は脇毛が減ることで直接体から流れていることを自覚しやすいだけで、量そのものに影響はありません。臭いに関しても、脱毛はアポクリン腺に影響がないので、わきがが悪化するリスクはないんですよ。ムダ毛の量や質だけを変化させるものなので、気にしないでくださいね。

医療脱毛を千葉で行う場合、施術品質やアフターケア、対応の丁寧さなど、様々な点に定評のあるクリニックを選ぶことが重要です。